笑顔の女性

利用する前に

やる気が出る

取り扱う製品や部品の劣化を招かないか注意

部品の中には精密機械等の、非常に繊細で大切に取り扱わなくてはならないものも存在します。貸工場の業者ではそうしたものを取り扱う会社を対象に、小さなゴミが散在しにくいような場所を提供してくれたりします。今までの工場では大丈夫だったが、移転先で急にトラブルが頻出しだしたと言う事では遅すぎます。そのための対応に手間が掛かったり、場合によっては損失に繋がる恐れもあります。しかし、事前に貸工場で入念なチェックをしておけば、そうした事態を防ぐ事が出来ます。換気場所が十分に確保出来る環境であるか、日差しが入り過ぎないかと言った点は製品によってはかなり関連する要素となります。機器でなくても、色褪せや劣化をなるべく防いだ方が良いものを取り扱っていないか、改めて見つめ直してみましょう。

リアルに現場を知って納得出来る工場を

貸工場を探す際には現地の下見に向かいますが、その際には様々な調査を取り行う事も重要です。食品だけに留まらず、様々な加工品やその素材が注意を払っている温度においても、明確な数値を知りましょう。場所によって風の入り方が異なったり、機械の作動によって温度が変化すると言った問題があるかもしれません。また、作業場所が変わる事になるわけですから電気の明るさや作業のしやすさについても、一度確認しておくようにして下さい。従業員の身になって、実際の労働を再現すると言ったリアルな体験を行う事で、より安心してレンタルを決定出来ます。オーナー目線では気付かない点もありますから、下見の際には部下やアルバイトの方等を含めて向かったり意見をもらう事で納得の行く貸工場が確保出来ます。