笑顔の女性

好きなお店開業

パソコンを持っている

カフェ開業の今後の動向

最近カフェの開業がはやっています。カフェはフランチャイズであることが多く、個人で開業していることもありますが、それほど簡単にはいかないようです。 その理由はカフェを開業する人の多くがカフェが好きだからという理由で開業しているからです。 自分でお店を持つという事はリスクも計算に入れないといけませんし何よりオーナーとしての自覚が必要になります。 特に、十分な資金計画が必要で行き当たりばったりの経営では途中で破綻してしまう可能性も高いのです。 現在個人でカフェを開いていて経営がうまくいっているところの多くは個性的な店が多いです。今後もその流れが続いていくと予想できます。もしどうしても個人で開業するのが難しければフランチャイズを検討してみてもいいでしょう。

注意するべき点とは何か

カフェを開くときに注意するべき点は何でしょうか。まず1つがオーナーとしての考え方です。オーナーとしての考え方ができていないと途中で挫折することになります。 もう一つが営業能力です。お店を開けば人が入ってくるというわけではありません。やはりそのお店に個性がある必要があります。例えば釣り人が趣味で集まる専用のカフェとかであれば注目されるでしょう。ただしオーナーが釣りに興味があり店に入るといろいろな釣り雑誌や釣道具、魚拓など釣り専門店の味のこだわりを見せる必要があります。 最後に職人としての一面です。たとえば珈琲に詳しく、国内の大会で賞をとったなどと言う位のコーヒーに対するこだわりが必要になるでしょう。 まずはお店を開く前にどのような個性を持ったお店を開くのかを十分検討すると良いでしょう。